イベント用うちわのメリットやデメリットを教えてください。

うちわの決め方

うちわの決め方のメイン画像
うちわのメリット・デメリット、注意点について。受け取ってもらいやすいうちわですが季節限定という側面もあります。

イベント用うちわのメリットやデメリットを教えてください。

うちわは人気のコミュニケーションツールですが、夏場限定というデメリットがあります。

その他、うちわのメリットを含めお話ししましょう。

◎簡単には捨てられないグッズであること。

うちわの最大のメリットは、受け取ってもらいやすい、実用的で簡単には捨てられないという点です。

広告をするにもイベントの告知をするにも、受け取ってもらえなければ意味がありません。

ポケットティッシュもうちわも、実用的であることが最大の武器になっています。

またうちわは、デザインや形状が自由自在にオーダーできるようになっています。

はがき型のかさばらないうちわなどが好評です。

◎冷夏に注意!季節に限定されてしまう。

デメリットは季節的な商品であるということです。

主に夏場に限定されます。

いくらデザインや形状が自由になっても、こればかりは仕方ありません。

冷夏がつづけば受け取ってもらえる率が低下します。

かわいいキャラクターもの、おしゃれなインテリアタイプのうちわなどをデザインすれば受け取ってもらいやすくなります。

注目記事⇒「【悲報】日本の夏の風物詩「うちわ」と「風鈴」、気温50度以上のアメリカ『デスバレー』では○○なことが判明

◎1枚ものの紙をくり抜いたうちわがベスト。

柄のついたうちはかさばるので、盆踊りなどに限定しましょう。

1枚もののうちわなら、カバンの中に書類と一緒にスッポリ入れてもらえます。

しかし柄の付いたうちわは、かさばるので収納できません。

「おしゃれ、明るい、かわいい」をキーワードにコンパクトなうちわをつくりましょう。

部屋に置いておきたくなるようなうちわがベストです。

PICKUP記事

SIDE MENU